農薬・化学肥料を一切使わずに育てたお野菜の【通販・定期宅配便】 会員登録無料・年会費無料・送料無料・増税後でもお値段そのまま。

>ohana本舗

野菜の色に関する豆知識

色鮮やかな野菜の数々、どれも私たちの健康には欠かせない食材です。実は、野菜の色が栄養成分と深く関わっているということはご存知でしょうか。
こちらでは、野菜の色に関する豆知識についてご紹介します。

赤色の野菜→トマト・赤パプリカ・赤ピーマンなど

赤色の野菜の代表格といえば、トマトです。トマトには「リコピン」が豊富に含まれており、強力な抗酸化作用を持っている食材のひとつとされています。
完熟しているほどリコピンが多く、特にミニトマトには沢山含まれているのです。
また、赤ピーマンや赤パプリカには血液をサラサラにする成分が入っており、美容にも嬉しい効果が期待できます。

オレンジの野菜→かぼちゃ・にんじんなど

オレンジの野菜は「β-カロテン」が豊富なため、風邪の原因となるウイルスや細菌から身を守る効果が期待できます。熱に強く、油との相性が良いため、天ぷらや炒め物におすすめです。

白色の野菜→玉ネギ・長ネギ・大根・キャベツ・ニンニクなど

ネギ類には「硫化アリル」という成分が豊富で、身体の疲労や風邪予防に最適です。
また、大根やキャベツに含まれる「イソチオシアネート」は、抗ガン作用が高いといわれており、近年話題を集めています。

緑色の野菜→ほうれん草・モロヘイヤ・小松菜など

緑色の野菜には「クロロフィル」が豊富に含まれています。お腹の調子を整える働きが高く、歯周病予防や貧血改善など、様々な効果が期待できます。
しかし、熱に弱い成分になりますので、サラダにするかゆがいてお浸しにすることをおすすめします。

紫色の野菜→赤キャベツ・赤カブ・なす・さつま芋・黒豆など

紫色の野菜は、「アントシアニン」という成分が豊富です。この成分は目の疲労に効果が高く、パソコンやスマホを頻繁に使用する現代人におすすめの食材です。
また、熱に強く水に溶けやすいため、スープやジュースで味わうとより高い栄養成分を摂取することができます。

このように、野菜は色によって様々なパワーが隠されています。栄養価の高い旬の野菜をバランス良く摂取し、身体の中から美しさを目指しましょう。
オハナホンポでは、安心で新鮮な有機野菜を皆様のご家庭にお届けしております。

農薬や化学肥料は使用せず、自社農場の一貫した管理体制のもとで丁寧に有機栽培しておりますので、小さなお子様からご年配の方まで安心してお召し上がりいただけます。また、オハナホンポでは気軽に試せるお得なセット販売も行っています。
通販で有機野菜のお取り寄せをご検討中の方は、ぜひご利用ください。

トップへ戻る